2016年12月2日

 本日の朝日新聞。「日本会議内に天皇退位容認論 神道政治連盟と主張に違い」という見出しで記事が出ていた(二階堂友紀記者)。

 根拠は2つほど。政府の有識者会議に参加した日本会議政策委員の百地章氏が退位に賛成していること、日本会議国会議員懇談会が退位賛成派の大石真京大教授などを勉強会に招いていることなどである。

 この問題は、日本会議という組織の性格を判断する上で、大事な問題である。当初、「週刊文春」が「日本会議は退位反対」という特集記事を掲載したのに対して、日本会議は「まだ見解を発表していない」と反発していたのだ(8月4日)。実際、いまに至るも、統一見解は出されていない。

 私も自分の『「日本会議」史観の乗り越え方』でその問題を取り上げている。日本会議のなかに明治憲法下でできた現行制度を維持したいという強烈な人たちがいる一方で、それでは国民の反発を食うだけであって、世論を敵にまわして活動すべきでないという人たちもいて、内部に葛藤があるわけだ。

 実際、朝日は有識者会議での百地氏の発言を根拠にしているが、その聞き取りには日本会議の有力メンバーである大原康男氏も参加し(関係の深い櫻井よしこ氏も)、生前退位反対論をぶち上げている。日本会議は二分されているのだ。

 それでも、朝日の報道によると、「日本会議関係者は「日本会議の方向性は百地さんに近い」とみる」としている。その日本会議関係者とはどんな人なのだろうか。

 日本会議には有力な事務局メンバーが少なくない。学生運動が左翼全盛の頃、右翼の旗を掲げて学生の支持を獲得し、自治会の執行部を運営していたような人が、いま日本会議の事務局にいる。

 日本会議を実際に動かしているのは、おそらくその事務局であって、世論を離れて暴走する幹部をおさえにかかっているのだと思われる。地方議会への請願運動がシステマティックにやられていることなども、実際の運動の経験が生み出したものだ。

 そういうところに日本会議が伸長する根拠があることを正確に見なければならない。これを謀略団体だとかカルト集団だとおどろおどろしく描くのは、実態を見誤ることであって、かえってその伸長を許すことになるだろう。

2016年12月1日

 さすがに、この年になって、6日間の出張はきつかったです。日程はギッシリだったし、東北まで行きましたし。出張の翌日も、これまでならいつも定時出勤でしたが、本日はお昼前にしました。
 そこで本日は、『対米従属の謎』の表紙だけアップ。まだ最終確定ではありませんけれど。「売らんかな」の姿勢が見えていますよね。1月13日発売です。トランプさんの就任式は20日です。

taibeijuuzoku

2016年11月30日

 昨夜、本日の裁判の焦点だとか、これまでの到達について、弁護団から記者相手のレクチャーがあって、たまにそれを聞いておかないと全貌が掴めなくなるので、そこから参加。本日の午前はゆっくりするつもりだったんです。

 ところが、昨夜のレクチャーに大学生が参加していて、生業訴訟をテーマに卒業論文を書くという。そして、そのために私の話も聞くことになっているということで、本日午前は2時間かけたインタビュー。その後、12時過ぎから裁判所前集会があり、1時過ぎから講演会があり(今回は泥憲和さんが講師)、終わったらすぐに福島駅→郡山駅→福島空港→伊丹空港ということで、ブログを書く時間も取れませんでした。飛行機の中で書いています。

 それにしても、生業訴訟って、学生が卒業論文の対象にしたいと考え、教授がそれを許可するというわけだから、意味のある訴訟だということを、少なくない人が感じ取っているんだね。私にとっても、純粋な学生から突っ込んだ質問をされて、自分の考えを整理するいい機会になりました。

 その学生から、二ヶ月に一度の裁判の度に私が色々な方を講師で連れてくるから、生業訴訟の広がりがあると言われているけど、何を考えてそうしているのかと尋ねられたんです。へえ、そうなんですか、という感じ。私は、やりたいことをやってきただけなんです。結果は広がったのかもしれないけれど。

 3.11が起きて、どうしても福島の人々の声を満載した本が作りたいと考えたら、そこに寄稿してくれた一人が相馬市のスーパー経営者でした。事故後半年経って浜通りを訪ねてお会いしたら、私のブログの愛読者だとわかったんです。その方が、現在、生業訴訟の原告団長で、弊社から訴訟関係の本をたくさん出すことになったのも、その関係。

 毎年、3.11には福島でイベントをすることを決意し、1年目は浜通りで伊勢崎賢治さんのジャズと蓮池透さんの講演をしたわけだけど、何のつながりもない中で、困ってしまいました。だけど、蓮池さんの本を出した時、この地の教職員9条の会から蓮池さんが呼ばれたことを思い出し、その関係者に実行委員会を作ってもらいました。

 その伊勢崎さんが2年目に福島高校で生徒たちに話す機会があって、この高校にジャズ研究部があるからいつか一緒にセッションをしたいと言っていたので、3年目の3.11ではそれを企画。そこであまちゃんの音楽の大友良英さんがジャズ研の部長だったことが分かり、できた伝で、生業訴訟の講演会にも来てもらえることになりました。

 これらはほんの一端ですけど、なんらかのことをやったら、それに結果がついてきて、どんどんつながりが広がっていくということを実感したんです。それに、弊社が普通に本を作りたいと声をかけても実現しないだろうと思われる方々が、国と東電の責任を追及する裁判で講演して欲しいと頼むから、意気に感じて引き受けてくれる。それを本にすることも了解してくれる。そういう意味では、私が広げたというのではなく、生業訴訟だから広がったということでもあるんです。

 この5年数ヶ月を振り返り、今後への意欲を新たにしました。いい卒業論文が書けるといいですね。