2016年7月1日

 本日の「赤旗」に参院選の法定2号ビラの内容が載っていますね。「自衛隊どうする? 疑問にお答えします」というタイトルで出すらしいです。

 3つのブロックに分かれているんですが、その最初のところにこうあります。「国民の命を守るために自衛隊に活動してもらう」。これは跳躍しましたね。

 先日、「藤野発言の背景を考える」という記事を書きました。そこでは、侵略などに際して自衛隊に働いてもらうという方針が共産党にあるといっても、2つあるのではと以下のように書きました。

 「一つは、日本防衛というか日本国民の命を助けるために、いまは自衛隊が必要だという立場だ。将来は自衛隊が不要になる時代が来ることは確信しているが、いまはまだそこまでにはなっていないという立場」
 「もう一つ。日本防衛のために、いまでも自衛隊は不要で、憲法九条にもとづく平和外交で十分だと考えているが、そういう考え方が国民(他の野党)の理解することにならないので、理解が進むまでは自衛隊をなくすとは言えないという立場」

 法定ビラの表現は、おそらくですが、このうちの前者の立場をとるということですね。これまで、侵略や大規模災害で自衛隊に働いてもらうという表現はありましたが、「国民の命を守るための自衛隊」という言い方をしたのは初めてです。

 これでどれだけ失態を挽回できるのかは分かりませんが、この線で進んでいけば、共産党と国民、とりわけ保守的な方々との気持ちが接近することは明らかです。がんばってほしいです。

 このビラの最初のブロックの全体の見出しは、こうなんです。「憲法を守ることと、国民の命を守ることの両方を追求します」。

 そうなんです。これが大事なんです。

 この両方を守ることは矛盾するんですよね。しかし、両方とも大事だと国民多数が感じてもいるわけです。

 よく、「自民党政権がつくりだした矛盾だ」といわれることがありますが、そういう言い方は適切ではないと思います。そんな矛盾なら、政権をとってただちに解消すればいいわけですから。

 そうではなくて、国民の気持ちが矛盾しているんです。その国民と気持ちを共有しながら、矛盾を国民の気持ちとして抱きしめながら、一歩ずつ解決していくことが大事だと思います。

 この間、「禍転じて……」という言葉をいろいろなところから聞きましたが、そうなるかもしれませんね。楽しみです。
 

2016年6月30日

 京都から東京へ、そして福島へということで、だいぶ疲れました。疲れを倍増させるような重大事件も起きたし。

 気分転換に、EUの話題でも。イギリスの離脱などをめぐって、いろいろ考えさせられることがあります。

 私には現在のEUをめぐる事態が、立憲主義と民主主義の対立のように見えるんですよ。そこに日本と共通する問題、考えなければならない問題があるのではないかと思うんです。

 民主主義というのは、まさにイギリスをはじめとして、国民の側から噴出している声です。これ以上難民を受け入れたくない、東欧から安い労働力が入ってくるから仕事が奪われている、自分たちの税金で貧しい国を助けるなんてイヤだ、そんな声です。

 まだ余裕があったときは、理性をもって、「大丈夫だよ、それが欧州の伝統が生み出したものだから」と言えていた。難民にしても、それを生み出した歴史的根源が自分たちにあることは心の奥底では理解しているので、自分を納得させられた。

 でも、自分たち自身の暮らし向きが低下するとか、テロの恐怖が目の前で展開するとか、そういう事態を前にして、建前はもういいやという風になっている。そんな感じがするんです。

 立憲主義というのは、言葉は悪いけど、その「建前」。歴史上、たくさんの戦争をくり返し、それこそ「人殺し」をしてきたなかで、反省もあっていろんな理念も生み出してきた。侵略戦争はしないとか、人を人種その他で差別しないとか、迫害された人は受け入れるとか、所得は再分配が必要だとか、その他その他。

 その立憲主義を、国民から信託されたわけでもないEU官僚が担っていて、国民の声=民主主義と対立している。現状はそんな構造ですよね。

 報道を見ていて、これじゃあイギリスは離脱するよなと感じたのは、残留派を理性派、離脱派を感情派と区分けする見方が多かったからです。これって、離脱を求める国民の側には理性がないと言っているようなものですからね。そんなことを言われたら、離脱派は怒って、ますます離脱へと向かうでしょう。

 日本でも、立憲主義が無前提に正しいものだとして、証明不要のものだとするような考え方もあります。だけど、自衛隊を存続させるのが立憲主義に反するのかどうなのかだって、ほとんど議論もされておらず、立憲主義を叫ぶ人のなかでも一致は見られないと思います。立憲主義はその程度のものなんです。

 それなのに、安倍さんのことを立憲主義も理解できない無能みたいに批判する人も少なくないけど、それって安倍さんを支持する多数の国民を無能呼ばわりすることですよね。そんな訴えで多数派になれるんでしょうか。

 気分転換のつもりだったのに、転換しませんね。残念。

2016年6月28日

 昨日の続き。二度とこんな問題が起きないよう、もう少し論じておく。

 共産党が新安保法制反対で野党共闘路線に踏み切り、成立後もそれを基礎にして、法制廃止の国民連合政府構想を提唱した。その直後、日本防衛のために安保と自衛隊を使うのだと打ち出した。これは、野党共闘で連合政府をつくるうえで不可欠のことであって、香川で共産党候補を野党共同で推すにあたり、安保廃棄、自衛隊の段階的解消という共産の方針を持ち込まないと文書で約束したことも含め、その英断は賞賛されるべきものだ。この英断がなければ、32の1人区で野党統一候補が実現するなど、あり得なかっただろう。

 問題は、当面は自衛隊を解消しないという方針が、どういう根拠で打ちだされているのかということだ。解消という方針をもっていながら、それを現在は打ち出さないということの意味を、どう根拠づけているのかだ。そこが見えない(議論されていない)ため、人によって、現在の方針の受け止めが違っていて、藤野発言のようなことになるのだと思う。

 この問題をめぐっては、二つの立場があるのだろう。もちろん、そのあいだには、いろいろなバリエーションがあるだろうけれど。

 一つは、日本防衛というか日本国民の命を助けるために、いまは自衛隊が必要だという立場だ。将来は自衛隊が不要になる時代が来ることは確信しているが、いまはまだそこまでにはなっていないという立場。

 もう一つ。日本防衛のために、いまでも自衛隊は不要で、憲法九条にもとづく平和外交で十分だと考えているが、そういう考え方が国民(他の野党)の理解することにならないので、理解が進むまでは自衛隊をなくすとは言えないという立場。

 この二つの立場は、現在は自衛隊が不要だと言わないという点では共通しているが、根本的には相容れない。いま現在(将来は別にして)、国民の命のために自衛隊が必要だと考えるのか、不要だと考えるのかでは、まったく違うからだ。

 この問題が、まったく議論されていない(議論されているのかもしれないけれど、外には見えない)。そのため、後者に近い立場の人は、本当は防衛予算は不要だと考えているために、防衛予算自体を否定的なものとして描きたがっていて、その本音が藤野発言のようになっていく。
 
 根本的に違うため、議論しはじめると、分裂の様相を呈するのかな。だから議論できないという現実が横たわっているのだろう。

 でもでもでも。

 参議院選挙は、政権をめざす選挙でないため、この問題が議論されなくても(投票まで時間もないし)、乗り越えられる可能性はある。だけど、本当に政権をめざす総選挙までに、この問題が真剣に議論されないと、政権獲得なんて問題外ということになってしまうのではないだろうか。

 政権より理念、というなら、それでも構わないんだ。けれど、理念重視ということだと、野党共闘は成立せず、安倍政権が継続するということになるので、難しいわけである。