「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします


 世界の食料の8割を生産 小さな「家族農業」こそ、SDGSの要 
日本の食と農の未来を考えるシリーズ

「家族農業」は時代遅れ?そんなことはありません。食と農をめぐる考え方は、食糧危機や気候変動を背景に大きく変化しています。大きな機械を使わず、地域コミュニティに根ざす「家族農業」は、環境をまもり、日々の暮らしを豊かにし、危機にも柔軟に対応できると、その潜在力が見直されています。豊富な資料で食と農の未来がよくわかる。コラムに登場する多彩なみなさんにも注目です。

加藤周一の本

福祉

保育・子育て

教育

学校図書館向けセット

障害児問題

ジェンダー・性教育

人権・法律

政治・社会・労働

経済・経営・まちづくり

思想・宗教・文化

歴史・地理

外国事情

平和・平和教育

環境・自然科学

医療・健康

ルポルタージュ・記録

かもがわライブラリー

紀行・山歩き

生活・料理

文学・エッセイ

写真・画集・マンガ

児童文学・子どもの本

かもがわブックレット

かもがわCブックス