「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

雨の日をもっとたのしむ54

雨の日をもっとたのしむ54

アメノヒヲモットタノシム54

編著者
ISBN
978-4-7803-0189-2 C0037
判 型
A4変型判
ページ数
68頁
発行年月日
2008年06月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

雨の日は、外で遊べなくてストレスがたまる。発散できない子どもたちのために、室内でも楽しめる「体をつかったあそび」と、「じっくりものをつくってあそぶゲーム」を50種類以上集めました。イラストが各ページにあり、わかりやすく解説されています。雨の日に何をして遊ぼう・・・と悩む先生や親御さんにオススメの1冊です。

目次

1)
いっせんぴこちゃん
2)
雨の日もあばれたい
[人工衛星、からだのすもう、人間ちえの輪、アリと穴・・・]
3)
輪になってあそぼう
[フルーツバスケット、大統領・副大統領、お金まわし、迷子のひつじ・・・]
4)
盤ゲームをつくろう
[ダイヤモンドゲーム、ロケットゲーム、ネコとネズミ、Sケンゲーム・・・
(作り方とあそび方)]
5)
かいてあそぼう
[さんかくとり、陣地とり、ワンヒットワンブロー・・・]

著者プロフィール

田中 邦子 タナカクニコ

日本の伝承遊びの紹介につくしてきた第一人者。各家庭や地域で伝えられてきた遊びを、学童保育の現場で整理し、何冊もの本にまとめてきた。

根津 真澄 ネヅマスミ

1958年、京都市生まれ。仏教大学社会学部卒業。大津市内で学童保育指導員を13年間つとめたのち、フリーライターを経て、現在(有)オリジナルブックマインを経営。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません