「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

石の鐘の物語

石の鐘の物語

いね子の伝言

イシノカネノモノガタリ

著 者
和田 登 ・和田春菜(画)
ISBN
978-4-7803-0782-5 C8093
判 型
四六判
ページ数
160頁
発行年月日
2015年07月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

石の鐘を守り続ける女性僧侶
その少女時代からの人生を描き、平和への想いを伝える。映画化「望郷の鐘」の姉妹編、小学校中学年以上。

いね子の言葉

「いま、世の中は平和ですか?平和ではありませんね。こうしているあいだにも、戦車や爆撃による殺し合いで、なんの罪もない子どもや老人、赤ちゃんまでもが死んでいます。そういう戦争がなくなったら、石の鐘は下げてとりかえましょう」

読者の声

投稿者:女性 主婦 36歳

評価: ☆☆☆ ☆☆
戦争の悲惨さ、戦争が終わっても消えない苦しみ、つらさをひしひしと感じた。戦争を体験したことがない私でも、本を読んでいる時は、私もその時代にタイムスリップした感覚になり、怖くなった。今、私が日々喜怒哀楽して過ごせる事は、戦後、戦争中、戦前と強くいきてこられた方々すべての人々がおられたからこそであり、日々感謝の気持ちをもっていきていきたいと思った。戦争なんてするものじゃない。

著者プロフィール

和田 登 ワダノボル

1936年長野市に生まれる。信州大学教育学部卒。小学校に勤務の傍ら児童文学中心に書き継ぐ。早期退職後、信州大学教育学部・上田女子短大の非常勤講師を経て現在は著述に専念。信州児童文学会副会長、日本児童文学者協会評議員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

信濃毎日新聞
【2015年7月10日】に紹介

信濃毎日新聞 2015年7月10日に紹介