「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

汚染の代償

汚染の代償

豊島事件の23年

オセンノダイショウ

著 者
ISBN
978-4-87699-474-8 C0036
判 型
四六判
ページ数
280頁
発行年月日
1999年08月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

三百億円の公的処理、責任はどこに? たった一人の営利事業のゴミ不法投棄がなぜ食い止められなかったのか。事件の責任と意味を検証する。

目次

第一章
事件の発生
第二章
事件の拡大
第三章
事件の発覚
第四章
県との新たな攻防再燃
第五章
豊島から政治を変える
第六章
検証 豊島事件
第七章
残された課題と今後あるべき姿

著者プロフィール

實近 昭紀 サンヂカショウキ

昭和14年広島県竹原市生まれ。県立工業高等学校造船科を経て国立大学に溶接治金を学ぶ。大手重工業メーカーに造船技師として長年勤めその後独立。酒類業界に入り、現在酒販会社を含む株式会社3社の代表取締役。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません