「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ハンセン病 反省なき国家

ハンセン病 反省なき国家

『「いのち」の近代史』以降

ハンセンビョウハンセイナキコッカ

著 者
ISBN
978-4-7803-0174-8 C0036
判 型
四六上製判
ページ数
208頁
発行年月日
2008年04月 
価 格
定価(本体価格2,300円+税)
ジャンル

内容

敗訴確定の瞬間から厚労省のまきかえしが始まっていた。
2001年5月、ハンセン病国賠訴訟で原告側勝訴で沸き立つ裏で、厚労省のまきかえしが始まっていた。膨大な資料と現地調査により明らかとなる広範な被害の傷跡と反省なき冷酷な国家の素顔。

目次

序 章
2001年5月以後
第1章
熊本判決からの出発
第2章
「救癩」思想と皇室
第3章
光田健輔と小笠原登
第4章
戦争犯罪としての隔離
補 論
南洋群島被害者のききとり
第5章
国の「まきかえし」
第6章
ハンセン病 差別の連鎖
補 論
ハンセン病問題の現場から

著者プロフィール

藤野 豊 フジノユタカ

52年生まれ。
富山国際大学准教授 政府のハンセン病問題真相究明検証会議委員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません