「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

本の虫ではないのだけれど

本の虫ではないのだけれど

日常を散策する 1

ホンノムシデハナイノダケレド

著 者
ISBN
978-4-7803-0342-1 C0095
判 型
四六判
ページ数
256頁
発行年月日
2010年05月
価 格
定価(本体価格1,900円+税)
ジャンル

内容

人間って案外いいぞ
「ゲド戦記」の翻訳者であり、児童文学に豊かなまなざしを向け、日常の不思議におどろき、さまざまな人たちとの邂逅をつづる著者のエッセイを、はじめて集成する。

目次

世界の不思議にふれた日々

1
最後の授業ーなぜ文学を手放せなかったか
2
人生って・・・/凡庸に着地すること/子どものとき・・・/他
3
幸福を書くこと/ある夫婦の肖像/幸福を描く/他
4
それにしても山田太一は恰好いい/ヘルメスの言葉/他
5
昔話の怖さとは/アースシーをル・グウィンと旅して/他

読者の声

投稿者:学校司書 44歳 女性

評価: ☆☆☆☆
もう一度、子どもの本を読みなおしたいと思うと同時に、どうしたら、大切な子どもの時期に良質な本を提供できるのだろう、私に何ができるのだろうかと思いました。
今、子どもが手に取る本はジェットコースター型。私自身もスピード感のある本を選びがちです。久々にじっくりと本を読んだ気がします。

著者プロフィール

清水 真砂子 シミズマサコ

児童文学翻訳家・評論家、元青山学院女子短期大学教授。
「石井桃子」論で日本児童文学者協会新人賞受賞。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません