「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

北欧デンマークの障がい福祉の今

北欧デンマークの障がい福祉の今

日本の障がい福祉現場で働く若者たちが出会った現実

ホクオウデンマークノショウガイフクシノイマ

編著者
ISBN
978-4-7803-0688-0 C0036
判 型
A5判
ページ数
80頁
発行年月日
2014年03月
価 格
定価(本体価格800円+税)
ジャンル

内容

デンマークの障がい福祉見聞記
日本の障がい福祉現場で働く若者たちが、内閣府の青年社会活動コアリーダー育成プログラム(障害者分野)に参加した、福祉国家といわれるデンマークで何を見て、何を感じたか、その現実を、日本の福祉活動との差異とともに紹介する。

目次

はじめに
内閣府「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」の概要    
第1章
デンマークの障がい福祉を創り出す国家機関    
第2章
デンマークの障がい福祉実践を行う地方機関   
第3章
デンマークの障がい当事者「団体   
第4章
デンマークで暮らす人々
おわりに

編集者のコメント

日本の障がい福祉現場で働く若者たちは、北欧デンマークは福祉に手厚いという思いで海を渡った。しかし、政権が変わったデンマークも福祉分野ではなかなか昔の福祉をやっていくのは大変なようで、日本の若者たちは「これって、日本のほうがいいかも」と思った。その感想を綴った。

「おわりに」から要約

デンマークの福祉の在り方は合理的で、日本より客観的な目線でシステムが運用されています。障がいに対する考え方も違っていて、生活に困難があっても代替できるものを活用することで自立した生活を送ろうとする姿に出会えました。これは「自分でできることは自分で」というデンマークの障がい者自身の考え方が根底にあるのではないでしょうか。
デンマークは福祉先進国といわれていますが、日本と比べて何を大事にしているかの違いがあるだけと捉えることもできます。デンマークにおいても程度の差はあれ、日本と同様に多くの社会的課題を抱えています。つまり福祉先進国だからと模倣するのではなく、「人間として考える」視点を持って良い所を日本にどう適応させるかが大切なのであろう。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません