「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

平和と子どもの幸せを求めつづけて

困難な時代に子育て・教育の希望をさぐる

ヘイワトコドモノシアワセヲモトメツヅケテ

著 者
ISBN
978-4-7803-1020-7 C0037
判 型
A5判
ページ数
176頁
発行年月日
2019年04月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

※紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

「子どもの権利条約」採択30年 日本の批准から25年
子どもの生活や思いと遊離した今日的学校の限界のなかで、いじめ・自殺など子どもたちの苦しみは続いているが、それでも人間的格闘をつづける子どもたちと、子育て共同に向かう親たちに困難の中の希望を見出している。

目次

はじめに
第1章 教育は平和のために

  • 1 私につながる戦争
  •   ──台湾沖航空戦で死んだ山下清馬(21歳)のこと
  • 2 南京大虐殺にかかわった一兵士の従軍手帳と手紙を読む
  • 3 教育基本法改定案と子どもの権利
  •   ──足元から〈平和と教育〉を問う
  • 4 安倍教育改革をどうみるか

第2章 子どもの権利を学び、活かす

  • 1 子どもの生活と休息・遊び・文化の権利
  •   ──「子どもの権利条約」第31条をどう深め、活かすか
  • 2 子どもが育つ環境と遊びの再生のために
  •   ──子ども時代の危機をどう切り拓くか
  • 3 子ども時代の剥奪か保障か
  •   ──「子どもの権利条約」第31条の今日的意義

第3章 子どもの〈いのち〉と個人の尊厳に根ざした社会へ

  • 1 「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」が問いかけるもの
  •   ──日本における子どもの人権と子育て環境の危うさ
  • 2 子どもの人権と教育についての認識が浅くないか
  •   ──天草の小学校での「体罰」をめぐる最高裁〝逆転判決〟に思う
  • 3 ひとり親家庭の子育て〈試論〉
  • 4 不登校の子どもの権利と未来
  • 5 デンマークの子育てと保育・教育
  • 6 映画にみる子どもの権利

第4章 熊本震災は子ども・若者のからだと心に何をもたらしたか
おわりに
私のあゆみ 略年表

編集者のコメント

熊本震災で被災した東海大学(熊本・阿蘇キャンパス)で学生たちと、子育て支援や教育についての学びを深めてきた著者が、困難な時代にどのようにして希望を見出すか、出会いのなかでの思考をまとめました。

著者プロフィール

山下 雅彦 ヤマシタマサヒコ

1953年、高知県生まれ。京都教育大学教育学部教育学科卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。
専門は、教育学・社会教育学、子ども・子育て論。
東海大学名誉教授(2019年4月より)。子どもの権利条約市民・NGOの会専門委員、子どもの権利条約31条の会会員、学童保育協会理事、くまもと子育て・虐待防止ネットワーク研究会代表、登校拒否・不登校に学ぶフレンズネットワークくまもと顧問、平和が一番!東区の会代表、立憲主義を未来へつなげる大学人の会くまもと世話人。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

しんぶん赤旗
[2019年5月26日]に紹介

新婦人新聞
[2019年4月25日]に紹介