「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

はじめての相談理論

はじめての相談理論

ハジメテノソウダンリロン

著 者
ISBN
978-4-87699-580-6 C0036
判 型
A5判
ページ数
110頁
発行年月日
2001年03月 
価 格
定価(本体価格1,200円+税)
ジャンル

内容

援助のための相談、はじめからおわりまで
子育て支援事業にとりくむ保育園が増えている。「相談」とは何か、どうとりくめばいいのかを、社会福祉の歴史と理論を踏まえて分かりやすく解説する。

目次

はじめに 保育のしごとと相談活動 3
第1章 社会福祉領域における相談活動の歩み 13

第2章 ひとが人を援助することの科学 利用者と援助者 25
 1 相談活動における価値について 26
 2 援助者の態度について 33

第3章 相談活動の特性と構造 51
 1 相談活動の特性と保育労働 52
 2 相談活動の構造

第4章 相談活動の知識と技術 67
 1 相談過程のとらえ方 68
 2 面接・コミュニケーションの技術について 82

第5章 子育て領域での相談活動 91

おわり 相談活動を高めていくために 104

著者プロフィール

岡村 正幸 オカムラマサユキ

仏教大学社会学部健康福祉学科教授 社会福祉学博士
専攻は、社会福祉援助システム論・精神保健福祉論

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません