「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

介護保険とボランティア

改定教育基本法 どう読み どう向き合うか

かもがわブックレット 164

カイテイキョウイクキホンホウドウヨミドウムキアウカ

編著者
ISBN
978-4-7803-0081-9 C0337
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2007年03月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

憲法と子どもの権利条約、教育判例やすぐれた教育実践の視点で、改定された教育基本法を読み直し、教育運動に新たな展望を与える。

目次

第一章
教育の目的と立憲主義
第二章
今こそ子どもの権利保障と機会均等の実現を
第三章
「開かれた学校づくり」を今こそ
第四章
教育行政と教育振興基本計画を国民の手に

3つの特徴

1
改定条文に込められている政治的、政策的な意図を、国会や教育再生会議などの論議、現実にすすんでいる教育改革の実態とあわせ、批判的に考察します。
2
日本国憲法や子どもの権利条約の体系的解釈、これまでの教育判例や優れた教育実践を紹介することにより、改定条文の主権的国民としての解釈(民主的解釈=権力者の暴走を許さない解釈)を試みます。
3
改定教育基本法のもとでも可能な教育実践、学校づくり、教育運動、条件整備の運動を励ますよう、原則的な観点を提起し、そのためのヒントや実践例を紹介します。

著者プロフィール

浦野 東洋一 ウラノトヨカズ

1943年長野県に生まれる。現在、帝京大学文学部教育学科教授。東京大学名誉教授。専攻は教育行政学および教育法制論。東京大学教育学部卒業。「教育小六法」(学陽書房、各年度版)編集委員。

佐藤 広美 サトウヒロミ

1954年生まれ。東京家政学院大学助教授。専攻は近代日本教育思想史・教育政策。東京都立大学人文科学研究科博士課程退学。博士(教育学)、『教育』(国土社)前編集長。

中嶋 哲彦 ナカジマテツヒコ

1955年名古屋市生まれ。名古屋大学大学院教授。専攻は教育行政学および教育法学。博士(教育学)。名古屋大学大学院研究科博士後期課程単位等認定退学。2001年より犬山市教育委員。

中田 康彦 ナカタヤスヒコ

1968年千葉県生まれ。現在、一橋大学大学院社会学研究科助教授。専攻は、教育政策及び教育法制。一橋大学社会学部卒業。『ハンディ教育六法』(北樹出版、各年度版)編集委員。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません