「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ここまでわかった!日本軍「慰安婦」制度

ここまでわかった!日本軍「慰安婦」制度

ココマデワカッタ!ニホンイアンフセイド

編著者
ISBN
978-4-7803-0139-7 C0036
判 型
A5判
ページ数
96頁
発行年月日
2007年12月
価 格
定価(本体価格1,000円+税)
ジャンル

内容

これでも否定できますか!?
米下院本会議での決議を受けて検証する。
米下院本会議での日本軍「慰安婦」問題に関する決議以来、この問題での論議が続いている。この問題の調査・研究に取り組んできた二つの機関が、資料や被害女性たちの証言を元に、これまで明らかにされてきた事実関係を検証した。

目次

第1章
加害責任はどこまで明らかになっているか
1、日本軍「慰安婦」制度はなぜつくられたか
2、強制とはなにか、「暴力的に連行する」ことだけが問題か
3、慰安所の状況はどのようなものだったか
4、植民地からどのように連行されたか
5、戦地・占領地からどのように連行されたか
第2章
「慰安婦」制度はどのように裁かれたのか
1、東京裁判と「慰安婦」問題
2、BC級戦犯裁判と「慰安婦」問題
3、戦犯裁判における「慰安婦」認識
4、多国の軍隊のケース
5、日本の裁判所による事実認定
第3章
被害者の証言は何を明らかにしているか
1、強制連行の定義とは
2、植民地朝鮮・台湾からの徴集
3、日本国内からの徴集
4、占領地における徴集
5、「慰安婦は性奴隷ではない」のか
資料編

著者プロフィール

日本の戦争責任資料センター アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」
ニホンノセンソウセキニンシリョウセンター アクティブ・ミュージアム「オンナタチノセンソウトヘイワシリョウカン」

吉美 義明 ヨシミヨシアキ
中央大学教授/日本の戦争責任資料センター共同代表

林 博史 ハヤシヒロシ
関東学院大学教授/日本の戦争責任資料センター研究事務局長

西野 瑠美子 ニシノルミコ
フリー・ジャーナリスト、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」館長。
2004年度日本ジャーナリスト会議JCJ賞受賞。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません