「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

学童保育支援員の育ち方・育て方

学童保育支援員の育ち方・育て方

子どもとクラブの成長を支える人材育成

ガクドウホイクシエンインノソダチカタソダテカタ

編著者
ISBN
978-4-7803-0915-7 C0037
判 型
A5判
ページ数
144頁
発行年月日
2017年06月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

利用者が飛躍的に拡大している学童保育は、1年目の新人であっても、複雑な子どもの課題に対処しなければならない現場でもある。新人の個性を生かした育成を運営に位置付け、子どもの育ちにも効果があるメソッドを提案する。

目次

はじめに
放課後児童支援員資格制度導入後の新人支援員育成の必要性
第1部
支援員の成長にかかわる理解
第2部
「新人支援員が育つ」とはどういうことか
第3部
「新人支援員を育てる」とはどういうことか
さいごに
学童保育現場における人材育成のポイント
付録
新人支援員育成シート

訂正

90頁後ろから3行目
 [誤]1988年からの放課後児童健全育成事業へと
 [正]198年からの放課後児童健全育成事業へと
執筆者紹介
 [誤]小谷久美子
 [正]小谷くみこ

著者プロフィール

高岡 敦史 タカオカアツシ

岡山大学教育学研究科講師。スポーツ教育学、マネジメントなどを専攻。学童保育の現場の指導員と研究者による共同研究組織「学童保育ラボ・なかま研究室(なかま研)」のメンバー。

籠田 桂子 コモリタケイコ

倉敷市で学童保育支援員として15年。共著に「放課後児童支援員手帳」など。学童保育の現場の指導員と研究者による共同研究組織「学童保育ラボ・なかま研究室(なかま研)」のメンバー。

編集者のコメント

「保育所に入れない」の次は、「学童クラブに入れない」待機児童問題がやってきます。職務の複雑さと養成課程の欠如の下、多くの新人職員が悩んでいます。指導員育成について、学童保育の専門性とマネジメント理論、実態調査をふまえて大胆に提案しています。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません