「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

鴨川の景観は守られた

鴨川の景観は守られた

「ポン・デ・ザール」勝利の記録

カモガワノケイカンハマモラレタ

著 者
ISBN
978-4-87699-447-2 C0036
判 型
A5判
ページ数
160頁
発行年月日
1999年03月
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

鴨川にフランス風の橋……そんなおかしな計画に立ち上がった市民。ここで破壊を止めなければ、古都京都の情趣は雪崩のようにくずされていっただろう。運動の中心にあった著者による、草の根の市民運動のドキュメント。

目次

はじめに
序 章
ポン・デ・ザールの火種
第一章
鴨川とはどんな川か
第二章
ポン・デ・ザールの問題点
第三章
出遅れた運動
第四章
連絡会の活動
第五章
三氏のアピールと知事選
第六章
五・三〇集会
第七章
市民投票の会とマスコミ
第八章
参院選とその後
終 章
勝利
あとがき

著者プロフィール

木村 万平 キムラマンペイ

1924年ソウルに生まれる。
京都大学文学部卒業後。京都市立中学校の教諭、京都市教育研究所次長を退職後、「住環境を守る・京のまちづくり連絡会」の代表をつとめ、1989年8月の京都市長選に立候補、321票差で敗れる。その後も市民運動の中心に。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません