「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

京の庶民史

京の庶民史

伝統と技に学ぶフィールドワーク

キョウノショミンシ

編著者
ISBN
978-4-87699-463-2 C0063
判 型
A5判
ページ数
208頁
発行年月日
1999年08月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

学生たちが、そのまなざしでとらえた京都の庶民史。学生たちが聞き取った息づく歴史。形だけの卒業研究ではすまない、人生の出会いがそこにある。

目次

はじがき
第一章
白川女
第二章
保津川下り
第三章
北山杉
第四章
錦市場
第五章
京都職人町
あとがき

著者プロフィール

同志社大学西村卓ゼミナール ドウシシャダイガクニシムラタカシゼミナール

経済学部教授西村卓先生のもとに集まった経済学部らしからぬ学生によって構成されている。「井の中の蛙にまずなれ」という先生のことばにおどされ、自分の足元=市井のなかにテーマをみつけ、1つひとつフィールドワークで獲得した事実をつみあげ、物をみていく。これがわが演習のスタイルである。
西村卓ゼミ

西村卓 ニシムラタカシ

1951年生まれ。同志社大学経済学部卒業。九州大学大学院経済学研究科博士課程を経て、現在、同志社大学経済学部教授、博士(経済学)。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません