「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

隠された健康障害

隠された健康障害

低周波公害の真実

カクサレタケンコウショウガイ

著 者
ISBN
978-4-87699-493-9 C0036
判 型
四六判
ページ数
180頁
発行年月日
1999年11月
価 格
定価(本体価格1,700円+税)
ジャンル

内容

工場や道路、マンションから出る低周波音(聞こえない騒音)公害が増えているのに、被害者は放置されたまま。第一線の医師が、隠された真実を告発。

目次

第1章
低周波音公害の被害症状とは
第2章
騒音と低周波音はどこが違うか
第3章
「聞こえない音」 大きい個人差
第4章
低周波音には「基準」がない
第5章
低周波音はどこまで聞こえるか
第6章
工場からの低周波音で Zさんの場合
第7章
裁判で勝訴したが Xさんの場合
第8章
白衣高血圧と低周波音公害との類似性
第9章
低周波音公害の“二重尺度”
第10章
なぜ周波数分析をしないのか
第11章
増え続けるマンション公害
第12章
犯人を突き止めると Pさんの場合
第13章
低周波音公害を切り捨てた『調査報告書』
第14章
むすび 低周波音被害を疑われる方へ

著者プロフィール

汐見 文隆 シオミフミタカ

1924年 京都市生まれ
1947年 京都帝国大学医学部卒業
1959年 和歌山赤十字病院第一内科部長
1965年 和歌山市で内科医院開業
1995年 第四回田尻賞受賞

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません