「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

河上肇

河上肇

21世紀に生きる思想

カワカミハジメ

著 者
ISBN
978-4-87699-521-9 C0036
判 型
四六上製判
ページ数
160頁
発行年月日
2000年10月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

生誕120年
なぜ今、河上肇か。四氏が、現代に生きる河上肇の“手づくりの思想”や、戦後50年の河上肇研究、自叙伝の世界、21世紀の課題などを語る。

目次

河上肇点描
第1部
河上肇、または手づくりの思想
第2部
河上肇と島崎藤村
第3部
河上肇を語る
1 河上肇との出会い
2 これまでの河上肇研究
3 『自叙伝』をどう読むか
4 残された課題

著者プロフィール

加藤 周一 カトウシュウイチ

1919年9月19日、東京に生まれる。東京帝国大学医学部で血液学を専攻。医学博士。幼少から読書に親しみ、フランス文学や日本古典文学に深い関心を寄せる。
戦後、留学生として渡仏し、医学研究のかたわら西欧各国の文学を摂取したことが、日本文学の特徴を考えるきっかけとなる。
カナダ、ドイツ、スイス、アメリカ、イギリス、イタリアなどの大学や、上智大学、立命館大学で教鞭を執る。

井上 ひさし イノウエヒサシ

1934年生まれ。上智大学仏語科卒。劇作家、小説家。
芸術選奨新人賞、直木賞、日本SF大賞、読売文学賞、吉川英治文学賞などを受賞。

杉原 四郎 スギハラシロウ

1920年生まれ。
京都大学経済学部卒。関西大学・甲南大学名誉教授。

一海 知義 イッカイカズヨシ

1929年生まれ。
京都大学文学部卒。中国文学専攻。神戸大学名誉教授。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません