「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

公立学校をひらく

公立学校をひらく

かもがわブックレット 136
子ども・父母・教職員・住民の参加する学校へ

コウリツガッコウヲヒラク

編著者
ISBN
978-4-87699-571-4 C0337
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2001年01月
価 格
定価(本体価格571円+税)
ジャンル

内容

信頼を失いつつある公立学校を再生するためには、子ども・父母・教職員・住民の参加が必要。民主主義を生かせば学校は変わる。

目次

第1部
学校と子ども 学校と父母
第2部
教育改革で大切なこと
第3部
学校をひらく自主的な組織づくり
第4部
学校協議会への道
第5部
学校評議員制度の考え方と対応

著者から

私たちはこのブックレットで、開かれた学校をつくるための考え方や運動に衝いて述べました。このなかで、教育における民主主義を実現させること、それをすすめるための自主的・継続的な父母組織の結成をうったえています。私たちは、このことについて多くの人との議論と交流を期待しています

著者プロフィール

あいち公立高校父母連絡会 アイチコウリツガッコウフボレンラクカイ

1991年結成。

関連情報

現在はありません