「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

「狂牛病」何が問題か!

「狂牛病」何が問題か!

かもがわブックレット 140
恐るべき食肉汚染の実態

「キョウギュウビョウ」ナニガモンダイカ!

著 者
ISBN
978-4-87699-647-6 C0036
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2002年02月
価 格
定価(本体価格571円+税)
ジャンル

内容

狂牛病は、人類への警告である。経済効率至上主義を追求した畜産行政にある。牛肉・牛乳は安全なのか!。

目次

1
「狂牛病」日本上陸
2
日本の畜産は瀕死の状態
3
本当に牛肉・牛乳は安全なのか
4
経済効率至上主義からの脱出
おわりに

著者プロフィール

天笠 啓祐 アマガサケイスケ

1947年、東京生まれ。1970年、早大理工学部卒。雑誌編集者、岐阜経済大学講師などを経て、現在、市民バイオテクノロジー情報室代表、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません