「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

家族の暴力をのりこえる

家族の暴力をのりこえる

当事者の視点による非暴力援助論

カゾクノボウリョクヲノリコエル

著 者
ISBN
978-4-87699-705-3 C0077
判 型
四六判上製
ページ数
264頁
発行年月日
2002年12月 
価 格
定価(本体価格2,600円+税)
ジャンル

内容

加害者をどうする
増加するDV、子ども虐待。その真の解決には加害者対策が不可欠である。加害者当事者たちをケアし、自ら暴力をのりこえる理論と実践。法制定後の新しい課題にこたえて刊行。

著者プロフィール

味沢 道明 アジサワミチアキ

非暴力ワーク、コミュニケーショントレーニング、メンズカウンセリングなど男性問題の取り組みやエコロジカルクッキングを中心に活動。1999年にレターカウンセリング「あのね」を設立。

小井 香欧里 コイカオリ 

伊丹市ファミリーサポート、ウィメンズセンター大阪電話相談員を経て、現在保育サポーターとして活動。レターカウンセリング「あのね」を通して、2000年に虐待当事者の会(PDPA)を発足、現在代表。

中村 正 ナカムラタダシ

立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。専攻は臨床社会学。メンズサポートルーム共同代表。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません