「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

無言館はなぜつくられたのか

無言館はなぜつくられたのか

ムゴンカンハナゼツクラレタノカ

著 者
ISBN
978-4-7803-0363-6 C0095
判 型
四六上製判
ページ数
216頁
発行年月日
2010年06月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

それは、戦争の影を引きずる二人の出会いから始まった。
戦没画学生慰霊美術館「無言館」はなぜできたのか、遺作はどのように集められたのか...二人の出会い、遺族を訪ねる全国行脚、画学生の往時の姿などを通じて、そこに秘められた戦争と戦没者への深い想いが浮かび上がってくる。

目次

まえがき
第一章
還らなかった画友たち
第二章
喪われたカンバス
第三章
遅れてきた「傍観者」
第四章
戦没画学生との出会い
第五章
無言館とは何か
終 章
二人の今、これから
対談をおえて(野見山暁治)
対談のあとで(窪島誠一郎)

読者の声

投稿者:66歳 女性 無職

評価: ☆☆☆
旭川で「無言館」展をみ、窪島氏の講演をきき、更に懇親会でお話をきけ、その上でこの本を読みました。とてもとても伝わって参りました。野見山さんのことも知りたい気持ちであふれていました。

投稿者:52歳 女性

評価: ☆☆☆
20年以上前(?)から、無言館(名前はなかったけれど)の設立の展望話は耳にし、実現すれば、どんなにすばらしいかと思っておりました。その経緯が本として読めるというのは、とてもありがたいことです。感謝。

著者プロフィール

野見山 暁治 ノミヤマギョウジ

洋画家、文化功労者、元東京芸術大学教授。日本エッセイスト・クラブ賞受賞、芸術選奨文部大臣賞、福岡県文化賞、毎日芸術賞受賞

窪島 誠一郎 クボシマセイイチロウ

1941年、東京生まれ。信濃デッサン館、無言館館主、作家。
印刷工、店員、酒場経営などを経て、1964年、東京都世田谷区に小劇場「キッド・アイラック・アート・ホール」を設立。
1979年に長野県上田市に夭折画家のデッサンを展示する「信濃デッサン館」を、1997年に戦没画学生慰霊美術館「無言館」を、2005年に京都市の立命館大学国際平和ミュージアム内に「無言館京都別館・いのちの画室」を開設。

関連情報

京都民報
[2010年8月]に紹介