「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

マルクス『資本論』の方法と大混迷の世界経済

マルクス『シホンロン』ノホウホウトダイコンランノセカイケイザイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0963-8 C0033
判 型
A5判上製
ページ数
112頁
発行年月日
2018年05月
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

紙書籍のご購入はこちらから↓

内容

マルクス生誕200年(5/5)記念出版
マルクスは何回否定されても、その度に甦ってくる。なぜなら、世界経済が大混迷を迎える現代において、その原因と解決の処方箋を提示する理論が他にないからだ。マルクスの原点を掘り下げる手法により、リーマンショック後の正解経済を深く分析する意欲作。

もくじ

第1章
『資本論』の方法への覚え書き
第2章
大混迷の世界経済
第3章
多国籍企業の税金逃れ

著者プロフィール

工藤 晃 クドウアキラ

1926年生まれ。東京大学理学部地質学科卒業。元衆議院議員。

関連情報

現在はありません