「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

もう一つの厚生省犯罪

もう一つの厚生省犯罪

かもがわブックレット 109
集団予防接種が広めた肝炎

モウヒトツノコウセイショウハンザイ

著 者
ISBN
978-4-87699-358-1 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
1997年12月
価 格
定価(本体価格571円+税)
ジャンル

内容

集団予防接種が肝炎ウイルスを蔓延させ肝ガン急増の原因!厚生省の犯罪をきびしく問う。

もくじ

はしがき  
1
ばらまかれた肝炎ウイルス   
2
肝炎無策が薬害エイズを準備した   
3
肝炎訴訟でめざすこと

著者プロフィール

美馬 聰昭 ミマサトアキ

1946年北海道生まれ。札幌医科大学卒業。医療法人翰林稲穂公園病院長。

片平 洌彦 カタヒラキヨヒコ

1944年神奈川県生まれ。東京大学医学系大学院博士課程修了。東京医科歯科大学難治疾患研究所助教授。

肝炎訴訟弁護団 カンエンソショウベンゴダン

代表:佐藤太勝

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません