「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

長生きがしあわせな島〈奄美〉

長生きがしあわせな島〈奄美〉

奄美の伝統行事がわかるDVD付き

ナガイキガシアワセナシマ〈アマミ〉

著 者
ISBN
978-4-7803-1088-7 C0036
判 型
A5判
ページ数
168頁
発行年月日
2020年06月 
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

博士論文をわかりやすくリニューアル、奄美の伝統文化がわかるカラーグラビア、DVD付き
奄美は長寿で子宝の島である。そこにはシマを基盤に、伝統行事やユイが生きており、超高齢化時代の「しあわせ」の鍵が存在する。博士論文の一般普及版。
推薦:池上(京都大学名誉教授)「日本社会の希望を拓いた画期的発見」。

目次

カラーグラビア
はじめに:人生100年時代の「しあわせ」とは
序 章 長寿時代の人間発達と地域コミュニティ
第1章 奄美の歴史とシマへのまなざし       
  1 奄美の歴史をたどる
  2 奄美の人々の抵抗史
  3 占領下の人々の抵抗史
  4 復帰後の〝奄振〟と人々の暮らし
第2章 奄美の島とシマの伝統文化
  1 自然と人々の一体感
  2 シマの神と祭り
  3 シマの年中行事の実際
  4 伝統行事を支える人々
第3章 健康長寿を支えるシマの地域経営    
  1 シマの「文化資本を活かした地域経営」
  2 長寿社会における超高齢者の役割 
  3 日本の集落共同体の成立史 
第4章 長寿と子宝を支える現代版結い
  1 「結い」と「知識結」の発生史
  2 超高齢者・高齢者を支える結い
  3 集落の区長調査からみるシマの紐帯と超高齢者の役割
  4 シマのコミュニティを支える行政・報道機関
第5章 「目標は百歳」と語る超高齢者たちとその家族
  1 日々の営みの次元から考える
  2 形成基盤の次元から考える
  3 精神世界の次元:考年的超越  
  4 百歳は「本人の努力と地域の見守り」
  5 百寿者本人と家族、地域の要因
第6章 看取られて、在宅で死ねる島「与論島」
  1 日本における看取りの現状
  2 与論島における看取りの現状
  3 看取り文化継承の要因
終 章 奄美には歳を重ねる心地よい居場所がある
補 論 ネオ・ジェロントロジー(新老年学)への展望
あとがき

著者プロフィール

冨澤 公子 トミザワキミコ

長崎県新上五島町(奈良尾郷)生まれ。博士(経営学:名古屋学院大学)、2003年立命館大学大学院修了、2009年神戸大学大学院博士後期課程単位取得退学。現在、立命館大学産業社会学部非常勤講師、立命館大学衣笠総合研究機構客員研究員、市民大学院(一般社団法人文化政策まちづくり大学校)講師。元京都府職員。

関連情報

現在はありません