「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

ロスジェネ 別冊2008

ロスジェネ 別冊2008

秋葉原無差別テロ事件「敵」は誰だったのか?

ロスジェネベッサツ2008

編著者
ISBN
978-4-7803-0216-5 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2008年10月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

秋葉原事件は何を私たちにつきつけたのか。若者に対して「希望」を語れるのか。若者と大人は果たして連携できるのか。
『思想地図』(NHK出版)、『VOL』(以文社)、『フリーターズフリー』(人文書院)の若手編集者らを招き、徹底討論したシンポジウム(6月27日・紀伊國屋サザンシアター)の全記録。
新たな論考、加藤容疑者の書き込み全文も収録し、人びとに問題をなげかける。

目次

第1部
見えづらい敵 私たちの希望の言葉
第2部
いま私たちの希望はどこにあるか
秋葉原事件をめぐる論考(浅尾×大澤)
資料
加藤容疑者の書き込み全文

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません