「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

隣人が殺人者に変わる時 和解への道

隣人が殺人者に変わる時 和解への道

ルワンダ・ジェノサイドの証言

リンジンガサツジンシャニカワルトキ ワカイヘノミチ

著 者
服部 欧右:訳
ISBN
978-4-7803-0755-9 C0098
判 型
四六判
ページ数
312頁
発行年月日
2015年04月 
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

殺人者たちが町にもどり、再び共に暮らし始める。和解への道はあるのか?
1990年、アフリカの小国ルワンダのフツ族は、隣人として同じ町や村で暮らすツチ族の虐殺を始める。普段使い慣れたマチェーテ(なた)を手に、壮絶な人狩りがおこなわれた。
その後、収監されれいた加害者たちは釈放され、再び被害者たちと共に生活を始める。そこで、人々はどんな葛藤を抱え、どう現実に向き合うのか。
ルワンダジェノサイドのドキュメント・シリーズがついに完結。
「差別」や「ヘイト」が引き起こしたジェノサイド。その結末はー
2007年仏【メディシス賞】受賞作品

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連書籍

隣人が殺人者に変わる時 加害者編

隣人が殺人者に変わる時

関連情報

現在はありません