「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

リアリズムの老後

リアリズムの老後

自分らしい介護とマイケアプラン

リアリズムノロウゴ

著 者
ISBN
978-4-7803-0906-5 C0036
判 型
四六判
ページ数
272頁
発行年月日
2017年04月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

介護職として、ケアマネージャーとして、介護現場にかかわってきた著者。
日々考えてきたのは「良い介護とは何か」ということでした。
各地の施設を訪れ多様で先進的な事業に触れたり、自らケアプランを作成した方々のインタビューを通して、自分らしい介護はどうすれば実現できるのかに思いをめぐらせます。
それは、自ら「老後」をシュミレーションする試みでもありました。

目次

memento mori
第1章
介護保険とケアプラン
第2章
マイケアプランをつくった人たち
第3章
質のよい介護とは
第4章
ターミナルケアでできること
第5章
介護の時をゆたかにしてくれる10冊の本

編集者のコメント

介護保険ができて16年。制度の問題も多くありますが、実際に新しい介護を切り開いている事業者のお話しは説得力があります。また、介護利用計画をケアマネジャー任せにせず、マイケアプランを自分でたてた7人の方のインタビューからは、「最後まで自分らしく」という願いを深く感じました。

介護を受ける自分を想像したことがありますか。親の問題から自分の問題へと視点を変えて生まれるより良い介護シュミレーション。

著者プロフィール

きたじま ちよこ キタジマチヨコ

介護現場で働きながら、小説など文学作品を発表している。文学サークル同人。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

ふれあいケア
[2017年6月号]に紹介