「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

労働弁護士50年

労働弁護士50年

高木輝雄のしごと

ロウドウベンゴシ50ネン

編著者
ISBN
978-4-7803-1007-8 C0036
判 型
四六判
ページ数
156頁
発行年月日
2019年01月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

闘わなければ明日はない
若い頃から労働弁護士(労弁)を志し、労働者・組合への弾圧や差別・解雇問題、開通前夜の東海道新幹線の騒音公害、四日市公害訴訟、名古屋三菱勤労挺身隊訴訟など、人権闘争に取り組んできた高木輝雄弁護士の記録。

目次

刊行によせて 中川武夫
第1章
労弁誕生まで25年 何もかも時代が作った
第2章
若き労働弁護士誕生 大きな敵に立ち向かう
第3章
名古屋新幹線公害訴訟
第4章
闘わなければ明日はない
弁護士50年。これまでも、これからもー高木輝雄

著者プロフィール

名古屋共同法律事務所  ナゴヤキョウドウホウリツジムショ

愛知県で、さまざまな労働問題、人権闘争に取り組んでいる弁護士を擁する法律事務所。本書には、中谷雄二・塚田聡子・仲松大樹の3弁護士が参加。

高木 輝雄  タカギテルオ

1942年生まれ。1968年、名古屋第一法律事務所で弁護士生活をスタート。労働運動への弾圧から労働者を守るたたかい、開通時の東海道新幹線の騒音や四日市の大気汚染などの公害問題、韓国挺身隊訴訟など、いまにつながる人権裁判を中心になって取り組む。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

中日新聞
[2019年4月10日]に紹介