「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

自分らしく生きる

司法が認定した日本軍「慰安婦」

かもがわブックレット 186
被害・加害事実は消せない!

シホウガニンテイシタニホングンイアンフ

著 者
ISBN
978-4-7803-0514-2 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2011年12月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

それでも『強制はなかった』と言えるのか!?
日本軍「慰安婦」問題が提起されて20年、その間に提訴された10件の裁判によって司法が認定した原告の被害事実、日本軍の加害事実を集大成する。

目次

「慰安婦」裁判が残したもの
日本軍「慰安婦」の事実をめぐって
判決で事実認定された原告の被害と日本軍の加害

・韓国人(遺族会・関釜・在日)裁判

・オランダ人裁判

・中国人(一次・二次、山西省、海南島)裁判

事実認定のまとめ
参考資料

著者プロフィール

坪川 宏子 ツボカワヒロコ

「慰安婦」問題解決オール連帯ネットワーク事務局長、中国人「慰安婦」裁判を支援する会、中学歴史教科書に「慰安婦」記述の復活を求める市民連絡会。

大森 典子 オオモリノリコ

中国人「慰安婦」訴訟弁護団長、日弁連日韓弁護士会戦後処理問題行動特別部会委員、「慰安婦」問題解決オール連帯ネットワーク共同代表。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません