「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

宿題なんかこわくない

宿題なんかこわくない

発達障害児の学習支援

シュクダイナンカコワクナイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0729-0 C0037
判 型
A5判
ページ数
112頁
発行年月日
2014年10月
価 格
定価(本体価格1,300円+税)
ジャンル

内容

この世から宿題がなくなったら、子どもも親もどんなに楽しい時間を過ごすことができるでしょう。
集団が苦手な子どもたちにとって、学校はストレスが多い場所。追い討ちをかけるのが宿題です。
宿題で追いつめられ、勉強が嫌いになっては困ります。音読・漢字・算数の「よい宿題」を提案、発達障害児の学習支援を語ります。

目次

第1章
宿題なんかこわくない
(1)宿題は誰のためのもの?
(2)漢字の宿題
(3)計算の宿題
(4)音読の宿題
(5)良い宿題の条件
第2章
がんばらなくていいよ〈発達障害の子どもたち〉
(1)あきらめなくていいよ〈学習障害(LD)的な傾向の子どもたち〉
(2)ぼちぼちいこか〈注意欠陥・多動性(ADHD)的な傾向の子どもたち〉
(3)悩まないでね〈高機能自閉症・アスペルガー(PDD)的傾向の子どもたち〉
第3章
学校とのつきあい方
◎1年生になったら?
◎「勉強しなさい!」と言う前に
◎苦手の克服より、得意なことを伸ばしてやろう
◎さまざまなトラブルや課題とつきあうために
◎これからの学校

読者の声

投稿者:女性 60歳 主婦

評価: ☆☆☆☆
これまでの宿題の教え方を後悔してます。これからほっとできる環境作りに心がけます。

編集者のコメント

「宿題」に追われるのは、子どもだけではありません。親にとってもかなりのストレスです。「全部やる」ことにこだわりがある子どもたちを追い込まず、学びの成果のある宿題を提案。親子共々ラクになる学習の手引きです。

著者プロフィール

塚本 章人 ツカモトアキヒト

京都市でながく小学校の教員をつとめる。現在は、NPO福祉広場が主宰する、発達障害児のための放課後事業「勉強ひろば」で子どもたちの指導に当たっている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません