「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

疎水を拓いた人びと

疎水を拓いた人びと

ソスイヲヒライタヒトビト

編著者
ISBN
978-4-87699-207-2 C0021
判 型
A5判
ページ数
184頁
発行年月日
1995年11月
価 格
定価(本体価格1,650円+税)
ジャンル

内容

明治の大プロジェクト、琵琶湖疏水はデフレ下の京都民衆の血税や囚人の血涙を飲み込みながら完成した。庶民の立場からの琵琶湖疏水史。

目次

序 章
第一章
教科書のなかの琵琶湖疎水と、その問題点
第二章
大土木工事と地方自治体・住民の生活
第三章
疎水開削の技術とその担い手
終 章
疎水水利事業の移り変わり

著者プロフィール

京都教育史サークル キョウトキョウイクサークル

熊谷開作(故)
郷原久雄
松田 正
松永操長

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません