「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

それでも食べますか【増補版】

それでも食べますか【増補版】

輸入食品を分析してみると

ソレデモタベマスカ【ゾウホバン】

著 者
ISBN
978-4-87699-693-3 C0036
判 型
A5判
ページ数
144頁
発行年月日
2002年08月
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル


内容

中国産冷凍野菜から発ガン性農薬、ハンバーガーやベビーフードにも……相次ぐ食品不祥事の中、食品分析の最前線から食の安全を問う。

目次

はしがき
1
中国産などの輸入野菜には農薬がイッパイ
2
加工食品・冷凍食品の「安全神話」をチェックする
3
子どもへの影響が心配
4
遺伝子組み換え食品の安全を改めて考える
5
国産農作物は安全で栄養価もこんなに高い
6
検査、表示、BSE・・・抜け穴だらけの“食の安全”
7
食糧自給率を高め、国民に安全な食糧を
あとがき

著者プロフィール

石黒 昌孝 イシクロマサタカ

1931年東京都生まれ。旧制千葉農専卒。
横浜関税、東京関税で40年間、輸入食品の検査や分析を担当。全税関労組委員長などを歴任。現在、農民運動全国連合会(農民蓮)の食品分析センター所長、事務局次長、税関行政研究会会長。

関連書籍

現在はありません

関連情報

現在はありません