「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

『沈黙の春』の50年

『沈黙の春』の50年

未来へのバトン

チンモクノハルノ50ネン

著 者
ISBN
978-4-7803-0473-2 C0040
判 型
A5判
ページ数
100頁
発行年月日
2011年09月
価 格
定価(本体価格1,000円+税)
ジャンル

内容

これ1冊で『沈黙の春』とレイチェル・カーソンが分かる!
レイチェル・カーソンの名著『沈黙の春』が出版されたのは1962年、来年で50年目を迎えます。自然と共存できる新たな文明をという彼女のメッセージは、いま「原発ゼロ」社会への道ー〈別の道〉の選択をわれわれに問いかけています。

目次

1
『沈黙の春』へのアプローチ
2
『沈黙の春』の世界
3
『沈黙の春』の周辺
4
『沈黙の春』から『奪われし未来』へ
5
『沈黙の春』を読み、語り継ぐ
6
『沈黙の春』と私

読者の声

投稿者:女性 53歳

評価: ☆☆☆
レイチェルカーソンセミナーに参加していた時期もあり、原さんの今までの活動の集大成でもあるとのことで、興味深く読ませていただきました。シンプルな生活を心がけている私にとって「別の道」は、いつも頭の中にあって世の中のスピードについていけないことも多く、いつまで…と思っていた折の震災・原発事故「沈黙の春」は、多くの人に読んでほしいと思いました。化学物質も含めて。

著者プロフィール

原 強 ハラツヨシ

特定非営利活動法人コンシューマーズ京都(京都消団連)理事長。
特定非営利活動法人レイチェル・カーソン日本協会専務理事。

関連情報

京都民報[2011年11月27日]に紹介

朝日新聞[2011年9月21日]に紹介