「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

たまご先生

たまご先生

タマゴセンセイ

著 者
ISBN
978-4-7803-0534-0 C0093
判 型
A5判
ページ数
168頁
発行年月日
2012年05月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

先生の卵やから『たまご先生や!』
小森菜穂は保育専門学校生。自分に自信がなく消極的で体も弱い。およそ保育士に向かない菜穂が保育園の実習でクラスの子どもたちに助けられながら成長していく姿を描く。「たまご先生、学校を卒業したら本物の先生になってな!」

目次

はじまりの日/泥だんご/受験/帰り道/家族/昼寝/リレー/しずかちゃんの絵/給食事件/電話/遅いお迎え/チョコレートパン/日曜日/一日先生の日/終わりの日

編集者のコメント

保育士は小さな子どもたちの憧れの職業。保育士をめざす主人公はおよそ保育士に向かない性格。消極的で人と話すのも苦手。でも、短大から保育実習のため保育園に行った主人公は、子どもたちに助けられ、こよなく愛される。最後の日、「ほんものの先生になってや!」とエールに送られて。

読者の声

投稿者:男性 保育士

評価: ☆☆☆
“たまご先生”というタイトルが、とてもよい! 内容も、とても共感することができました。自分自身も保育士なので、これからも大切にしていきたいと思います。

著者プロフィール

佐々木 智子 ササキトモコ

1939年、鳥取県倉吉市生まれ。大阪府立社会事業短期大学保育科・同専攻科(現、大阪府立大学社会福祉学部)卒。18年間の保育者生活、その後9年間の保育専門学校非常勤講師を経て、現在は児童文学の創作に専念。「季節風」同人。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません