「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

闘う沖縄 本土の責任

闘う沖縄 本土の責任

多角的論点丸わかり

タタカウオキナワ ホンドノセキニン

著 者
ISBN
978-4-7803-0980-5 C0031
判 型
四六判
ページ数
276頁
発行年月日
2018年09月 
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

※未刊のため、ご注文はもうしばらくお待ち下さい

内容

沖縄の選択、一気読み
“選挙イヤー”最中の沖縄の論点・選択を一気読み。辺野古と高江、沖縄ヘイト、日米地位協定、虚構の抑止力、島嶼戦争、オール沖縄…多角的な取材で、問題の深層をえぐりだす。
本土にあっても、もう見て見ぬ振りは許されない。

目次

はじめに――本土の責任とは何か
序章 琉球王国小史
Ⅰ章 米軍基地に抗う

  • 1、米戦略に従属する辺野古新基地~安倍政権が工事強行 
  • 2、原始の森裂きオスプレイ~着陸帯建設に住民抗う 
  • 3、仰ぐ沖縄の空、不安なオスプレイ~内外で事故続発 
  • 4、「沖縄と核」 密約、度々の危機~「再持ち込み」消せぬ疑念 
  • コラム【普天間飛行場移設問題】工事を強行する辺野古新基地 

Ⅱ章 沖縄差別の軌跡

  • 5、昭和天皇と沖縄の道程~「国体第一」がもたらしたもの 
  • 6、沖縄―台湾―朝鮮 皇民化の軌跡~帝国日本の植民地支配
  • 7、源流に帝国日本の植民地観~「土人」「シナ人」発言 
  • 8、激化する沖縄ヘイト・デマの構造~「弱者」を攻撃する右派思考 
  • 「子どものお空を守る会」立ち上げ~落下事故の緑ヶ丘保育園父母ら 
  • コラム【米軍機事故】「空から降ってくる」恐怖

Ⅲ章 対米従属の構造

  • 9、在沖米軍、虚構の抑止力~対米従属の日本が引き留め
  • 10、米兵犯罪を誘発する日米〈システム〉~地位協定の闇と米従属 
  • 11、米国「思いやり」米国「言いなり」~在日米軍駐留経費の負担
  • コラム【軍用地の強制接収】農民は非暴力で頑強に抵抗 

Ⅳ章 軍事国家への道

  • 12、日米の軍事的一体化加速~「平和国家」脱ぎ捨て 
  • 13、沖縄「島嶼戦争」の危険性~東アジアの信頼醸成急務 
  • 14、「弱者」を押しつぶした沖縄戦~学徒兵、障がい者、「慰安婦」
  • コラム【基地引き取り運動】「自分の荷物は自分で持とう」 

Ⅴ章 自己決定権

  • 15、琉球独立論の射程~「民意無視」ヤマト問う 
  • 16、沖縄自立阻む国の「振興」体制~県経済より「米基地第一」 
  • 17、「オール沖縄」の形成と変容~知事選をめぐって 
  • コラム【米軍基地撤去・縮小は?】海外では住民運動で実現 

結びにかえて──平和憲法の危機と沖縄 
あとがき

編集者のコメント

本土住民は見て見ぬ振りをしていないか。ジャーナリストの目で、沖縄の選択肢をリアルかつ理論的に描き出す。

著者プロフィール

土岐 直彦 ドキナオヒコ

元朝日新聞記者、ジャーナリスト。沖縄の『月刊琉球』や『週刊金曜日』に沖縄問題の論考を掲載。「戦争法」廃案や沖縄と連帯する市民運動に関わる。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません