「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

京都発達研究会

キョウトハッタツケンキュウカイ

■活動の目的
京都発達研究会は、京都の地に根ざして、人間の発達について研究を深めることを目的としています。胎生期から乳幼児期、学童期、青年期は、人間として成長・発達することにおいて大切な内容が形成される時期です。そして、人間を生涯にわたって発達し続ける存在として捉えるうえで大事な過程です。そのため、社会の情勢や保育・教育・子育ての実情をとらえながら、理論と実践を結び、研究を深め、その成果を私たち自身の発達や社会の発展につなげていくことを目指しています。具体的な活動としては、発達や保育に関する講座および学習会の開催、発達診断技術の向上を目的とした発達診断事例検討会等をおこなっています。年に何度か、一般の方に向けた講演会なども開催しています。また、保護者支援として、保育園での発達相談や子育てサークルなどの相談会にも参加をしています。会員は、発達研究に携わる研究者や教員、保育士、施設職員、発達相談員、保健師などです。なお、保育園でおこなっている発達相談事業は、長年の実践に対して2008年9月、日本応用心理学会大75回大会において実践報告部門での学会賞を受賞いたしました。
■京都発達研究会の活動
<年齢・年代ごとの取り組み>
 *乳幼児部会
 *学童・青年期部会
 *高齢者部会
<発達診断技術の向上を目指した取り組み>
 *発達診断事例検討会
 *発達診断基礎講座
<地域別の取り組み>
*中部講座
<その他>
*全体学習会
 *発達相談部門(保育園にて実施)
 *ニュース発行(年3回)
■年会費 1000円
■京都発達研究会事務局(入会申し込み・問い合わせ先)
 FAX 075-702-6705 ※深夜・早朝の送信はお避け下さい。

書籍名

定価

判型

頁数

発行年月日

ジャンル名

LinkIcon子どもの「困った」を理解する

1,200円+税

A5判

128頁

2009年02月

保育・子育て