「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

森松 明希子

モリマツアキコ

1973年兵庫県伊丹市生まれ。福島県郡山市在住中に東日本大震災に被災。当時3歳1ヶ月と0歳5ヶ月の2児を連れて1ヶ月の避難所暮らしを経て、2011年5月から大阪市へ母子避難。大阪府の被災者雇用創出制度(通称JOBフェニックス事業)を活用し、大阪市北区社会福祉協議会に臨時派遣職員として就職。現在非常勤職員として勤務。「避難の権利」を求めて大阪地方裁判所に集団訴訟を提起した原発賠償関西訴訟原告団代表。「放射線被爆の恐怖から免れ健康を享受する権利」は避難した人、とどまる人、帰還の選択をした人全てに等しく与えられるべき基本的人権だと主張し、当該裁判を人権救済裁判と位置付け、原子力災害のあらゆる被害に対して恒久的救済を求める。3.11以降、社会がどう変わることができるのかを広く一般の人々に問う活動に奔走している。
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 代表。
〈協力先〉

書籍名

定価

判型・頁数

発行年月日

ジャンル名

母子避難、心の軌跡

1,400円+税

四六判・168頁

2013年12月

政治・社会・労働

メディア情報

朝日新聞
神戸新聞
毎日新聞

講演会など情報

2017年7月23日(日)

復興庁 避難者消したら復興か?
詳細>>

2017年7月22日(土)

高木学校カフェ第15回政策カフェin新宿
詳細>>

2016年8月6日(土)

全国大学人権教育交流会
詳細>>

2016年8月28日(日)

ヒロシマー平和の夕べ
詳細>>

2016年8月5日(金)

私たちはなぜ、福島から避難したのか
詳細>>

2016年7月24日(日)

DVD「チェルノブイリ28年目の子どもたち2」上映と森松明希子さんのお話
詳細>>

2016年7月17日(日)

日本と原発〜原発とともに生きますか〜
詳細>>

2016年7月16日(土)

「”自主避難”原発事故から5年・真実と風化」
詳細>>

2016年4月10日(日)

毎日新聞記者・日野行介さんとのトークセッション
詳細>>

2016年3月5日(土)

「母子避難・父子避難・分散避難〜心の復興を目指して〜」
詳細>>

2016年3月1日(火)〜11日(金)

3.11避難者を囲んでトーク座談会
詳細>>

2015年11月6日(金)

「母子避難 福島から大阪へ」〜子ども達の未来を守るために
詳細>>

2015年9月27日(日)

被災地女性の声を届けるVol.3-キオクガタ(ヨ)リの地図をよむ」in 神戸
詳細>>

2015年9月12日(土)

脱原発をめざす市民の会 発足記念講演会
詳細>>