「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

高橋 徹

タカハシトオル

熊本保健科学大学教授。自然科学者の彼は諫早湾をフィールドワークとして、研究を重ねている。あの諫早湾の干拓地を閉め切った鋼板はギロチンと呼ばれ、テレビを見ていた人々の度肝をぬく映像となった。その後の諫早湾の実態はいったいどうなっているのか、ぜひ知ってほしい!と本書を著わした。

書籍名

定価

判型・頁数

発行年月日

ジャンル名

諫早湾調整池の真実

1,600円+税

A5判・152頁

2010年06月

ルポルタージュ・記録