「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

2018年度(第14回)
こども環境学会賞《論文・著作奨励賞》を受賞いたしました。

子どもの権利最前線 カナダ・オンタリオ州の挑戦
選考理由は(こども環境学会より)より
《論文・著作奨励賞》
畑千鶴乃・大谷由紀子・菊池幸工
「子どもの権利最前線、カナダオンタリオ州の挑戦-こどもの声を聴くコミュニティハブとアドボカシー事務所」

本書は、言語も文化も多種多様なカナダにおいて、子育てしやすいまちづくりを進めているオンタリオ州トロント市及びハミルトン市での現地調査をもとに、州と両市の政策動向、コミュニティハブでの実践、オンタリオ州アドボカシー事務所の取り組み等を具体的に紹介したものである。日本では、ほとんど知られていないカナダにおける先進的な地域子育て支援の取り組み事例が多数わかりやすく報告されている。それに加えて、経済のグローバル化に伴って、多くの外国籍の人々とその子どもが日本に移住して生活し、学んでいくことが予想されるこれからの多文化共生社会における子育てのあり方を考える上でも、非常に参考になる文献であり、奨励賞に十分値すると判断した。(高橋 勝)