「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

『営業よりNo.83

白金猿
米議会などで外交・政治問題について自らロビーイングも行う、国際的な弁護士である猿田佐世さん、TBS報道特集のキャスターである金平茂紀さん、永続敗戦論で知られる京都精華大学専任講師の白井聡さん。法曹界、ジャーナリズム、アカデミズムという別個の分野で活躍する3人による鼎談をまとめた対談集を4月に刊行しました。
タイトルは、著者3人の名前の頭文字をとって「白 金 猿」としました。
読み方は「はっきんさる」。担当編集によると、このご時世、政権批判の本などはいずれ発禁になる可能性もある、というブラックジョークとかけているようです。
(ジョークで終わればいいですね)
自民党は、国内においては、東京都議会選挙からわずか3か月後の不意打ち解散と民進党の分裂による安倍一強のなか、憲法九条改憲に突き進み、国外においては、主権を放棄するかのような徹底した対米従属にトランプ大統領の誕生と北朝鮮の核開発問題が追い打ちをかけます。
本書では、戦後最悪ともいえる情勢のなかでも決してあきらめず、シニカルにもならず、安倍政権への根本的な対抗軸を模索し、個人の自立と市民社会を日本でどう実現していくのか、その道を模索します。
また本書刊行を記念したシンポジウム「ポスト安倍政権の対抗軸」が5月17日に東京で行われます。ご興味のある方はこちらから。