「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

2013年「3.11 被災地復興へ支援と連帯を川柳で」の呼びかけではじまった「かもがわ川柳」は、多くの投句に支えられ、
ことし8年めをむかえます。
2020年のお題は「しのぐ」です。「自由題」での投句もお受けいたします。
いっこうにすすまない復興支援。そこへさらに台風被害が追い打ちをかけ、ますます事態は深刻の度を加えるばかり。誰もが目前の災いをこえてゆきたいのだが、壁は立ち塞がるばかり。
さらなる支援と連帯の川柳作品をお寄せください。



※お一人様5句以内でご応募いただけます。二重投句はできません。
※自作で未発表の作品に限らせていただきます。
※応募作品の著作権は(株)かもがわ出版に譲渡していただきます。
※応募作品はペンネーム(筆名)でもかまいません。
※個人情報は本企画関連のご連絡に限り使用いたします。
※日本国内からの応募に限らせていただきます。



※2020年5月31日受信分



※適時開催予定の「かもがわ講演会」会場にてご披露いたします。
※優秀句を表彰します。
※選者は

安斉育郎さん
安斉科学・平和事務所長、立命館大学名誉教授
越智ひろ子さん
朝日新聞京都川柳最優秀賞、読売新聞京都よみうり文芸川柳受賞
平賀胤壽さん
前朝日新聞滋賀柳壇選者、滋賀民報選者
前中知栄さん
京都番傘川柳会会長、毎日新聞柳壇選者
真鍋宗平さん
造形作家