2017年11月22日

 最近ずっと考えているのが、このタイトルにつけた問題である。これをどう解くのか。

 北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させ、安倍さんの挑発もあって、日本を標的にすることも公言している。そういう状況下でミサイル防衛をどう捉え、どうしていくべきかという問題だ。

 一つの簡単な回答は、日米安保を廃棄し、したがってミサイル防衛システムも撤去するというものだ。伝統的な左翼の回答である。こちらが対抗する軍備を持たなければ、相手も攻撃しなくなるというもの。

 しかし、北朝鮮のことを、そういう善意を期待する国だとは思えないから、その回答で満足する国民はごく少数になる。ラングーン事件や大韓航空機爆破事件、最近の金正男暗殺事件があり、北朝鮮がそれをやっていながら反省もせず、「やっていない」と開き直っているのを実体験している国民が、北朝鮮の善意を信じる気持ちになることはないだろう。

 もう一つの簡単な回答は、いまの安倍さんの路線である。ただただ圧力をかけ続けるというもの。日米安保と抑止力を最大限強めていくという路線である。ミサイル防衛では、新たな陸上配備型のイージスシステムも配備する。

 ただ、国民のなかには抑止への幻想があるけれども、抑止が本当に成功するものなら、アメリカは戦後一度も戦争したことがないはずなのだ。アメリカの抑止というのは、それが効かない場合は実際に戦争することと一体のものであって、そこへの不安は少なくない人が共有しているものと感じる。

 ということで、どうするのか。共産党も安保を前提として連合政府を考えるようになったもとで、その安保をどこまで運用するかという、現実的な対応が求められている。

 私としては、イージスシステムの配備、運用、改良は是認すべきだと考える。そして、自衛隊が発射するミサイルは、技術的にもあくまで日本に墜ちてくるものを撃ち落とすものにすべきことを前提に、必要な改良に全力をあげるべきである。アメリカ本土に飛んでいくものまで撃ち落とすなど余計なことを考えず、日本防衛に専念すべきだ。

 安倍さんのように、アメリカに向かうミサイルを撃ち落とさなかったら日米安保が揺らぐという考え方の人がいる。しかし、日本にレーダーが配備されているだけで、アメリカは自国防衛に必要なデータを取得できるわけで、日本は十分にアメリカのために貢献していることになる。胸を張って堂々としていればいいのだ。

 いわば「専守防衛」の範囲で日米安保を運用するという考え。いかがでしょうか? 反対してもらってもいいのだけれど、その場合、野党連合政権で日米安保をどう運用するのかでは誰にでも回答が必要なので(安保即時廃棄派でない限り)、是非、それを示してほしいものである。

 

2017年11月21日

 来年の3.11を前にして2冊、マルクス生誕200年の5.5を前に3冊を出そうと思っていて、大忙し。その間に、泥さんの1周忌で憲法記念日の5.3には、『泥憲和の思想と行動』も出そうということになっているんです。

 それなのに、今週の土日も人前でお話しなければならない。大丈夫かなあ。仕事はちゃんと進むかなあ。

 土曜日は神戸市西区・西神ニュータウン9条の会。タイトルは「対米従属の謎──どうしたら自立できるか」って、本のタイトルそのまま。まあでも、北朝鮮問題でもこれは問われているわけで、本とは違うこともお話しします。ご関心のある方は、14時からですので、地下鉄の西神中央駅で降りて徒歩数分の西区民センターの2階会議室へどうぞ。翌日も仕事があるので、わたしは懇親会などには参加せず、帰りますけど。

 日曜日は同じく神戸市北区の9条の会。チラシにあるように、柳澤協二さんが「憲法を活かした安全保障とは」をお話しするのですが、第2部は「憲法改正国民投票に勝つカギは」と題して、柳澤さんとわたしとが対談します。自衛隊を活かす会の代表と事務局長が対談するって、なんだか変ですね。まあ、いいか。

2017???? A4-再校

 ところで、「国民投票に勝つ」って、どういう状態を指すのでしょうか。安倍さんの加憲案を否決すれば、それで「勝った」ということになるのでしょうか。もちろん、そういうことは可能でしょうが、違うような気もしますね。だって、それだけだと、いまと何も変わらないということですから。

 加憲案が否決されれば、これから100年は改憲が政治の課題に登ることはないでしょう。それを是とする人はいると思います。だけど、いまと何も変わらないということは、新安保法制は残るということで、「戦争する国」になったままです。護憲派の気分だけ「平和な国を維持できた」ということになる分、護憲派が大事なことに挑む気持ちさえなくなるような気もします。

 「良かった、良かった」ということで、自衛隊が抱えている矛盾も、そのまま放置されることになりかねない。「日本防衛」という課題がますますリアルなものとして自衛官にのしかかっているのに、その際、どういう交戦規則で戦うのか、敵の殺戮はどこまで許されるのか、民間人を巻き込んだときの責任は誰がどう果たすのか、等々。

 ですからわたし自身は、「勝った」ことの基準は、国民投票の議論を通じて、日本の安全をどうしていくのかについて、国民のなかでの議論が旺盛にされるかどうかだと考えます。九条の会の人を前に、どこまで言うかは節度が求められると思いますけれどね。

2017年11月20日

 昨日、散髪していたら、理容師さんが、「安倍さんてコワい感じがしますよね。憲法を変えて何をしようとしているのか」とおっしゃっていた。一週間ほど前の映画「第九条」のあとの討論会では、ある人が、「安倍さんへの不安感は強いから、改憲案はとおらないだろう」と発言していた。

 そういう面はあるだろうね。突然「謙虚」と言いだしても、怖さが体質化して受け取られている面はある。

 ただ、「安倍さんがこう出てくればやっかいだな」、と思うことはある。自分が身を引くことによって、加憲案を実現しようとすることだ。

 例えば、自民党の岸田政調会長だと、もともとハト派と言われるし、改憲にも消極的と報道されている。安倍さんが退き、その岸田さんが加憲案を主導するとなると、かなり国民の印象も変わると思うのだ。

 具体的にどうなるかというと、来年中のどこかで自民党の加憲案が出て来るのだろうが、それは政調会長として岸田さんが深く関与する案になる。その案を国会に出しておいて、安倍さんは、9月の総裁選挙で退任するのだ。岸田さんが加憲案の発議に全力をあげることを条件に、総理の座を禅譲するのである。

 総理として自分の手で改憲したいだけというなら、安倍さんは強引に自分でやってくるだろう。しかし、「自衛隊違憲論の余地をなくしたい」とか、「自衛官を日陰者にしたくない」というのが本音で、誰が総理でもいいというなら、安倍さんはそこまでやってくるように思う。

 理容師さんにそう言ったら、「安倍さんは自分で身を引くような人じゃないでしょ」と言っていた。さあ、どっちでしょ。