「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

いつもおおきん

いつもおおきん

認知症一行詩と歩く若狭町

イツモオオキン

編著者
ISBN
978-4-7803-0272-1 C0095
判 型
A5判
ページ数
104頁
発行年月日
2009年04月
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

福井県若狭町の「認知症一行詩」に応募した全国からの作品を1冊に。
読むほどに胸が熱くなり切なくなります。大好きなおじいちゃんが...大好きなおばあちゃんが...認知症になった大切な家族をどう支えて行くか。
何をしたらいいのか 何ができるのか
悲しくあったかいこの一行詩の中からヒントをもらえそうです

著者プロフィール

福井県若狭町 フクイケンワカサチョウ

若狭湾に面し、三方五湖を擁する風光明媚な町。明治43年に、潜水艇の沈没事故に遭いながらも冷静沈着に事故原因を明らかにし、乗務員の家族を気遣う遺書をしたためた佐久間勉艇長の生地として知られている。また、昭和36年に発見された鳥浜貝塚は、縄文時代の日本を知る手がかりとして注目を集めており、若狭三方縄文博物館には全国から見学者が訪れている。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません