「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

インクルーシヴな社会をめざして

かもがわブックレット 184
〈共に生きる〉とはどういうことか

インクルーシヴナシャカイヲメザシテ

編著者
ISBN
978-4-7803-0477-0 C0336
判 型
A5判
ページ数
64頁
発行年月日
2011年10月
価 格
定価(本体価格600円+税)
ジャンル

内容

「インクルーシヴ」という言葉がよく聞かれるようになりました。排除されてきた側の人たちと、排除してきた側の人たちとが「共に生きる」ということをめざそうとする思いが、インクルーシヴな社会ということばに含まれます。「共に生きる」ことが難しい社会だからこそ、現代ほど「共に生きる」ということが社会の課題になっている時代はないように思われます。
インクルーシヴな社会づくりをめざして、神戸大学のヒューマン・コミュニティ創成研究センターは大学と社会を結びながら実践的研究に挑戦します。日々の経験を描写することで、〈共に生きる〉ということを考えていきます。

目次

1章
インクルーシヴな社会づくりのための実践
2章
実践的研究のねらいとしかけ
3章
共に生きようとする思いは、日々どのように経験されているか
4章
さまざまな現場での〈共に生きる〉挑戦
おわりに
「都市型中間施設」と葛藤の調整

著者プロフィール

神戸大学人間発達環境学研究科 ヒューマン・コミュニティ創成研究センター、障害共生支援部門
コウベダイガクニンゲンハッタツカンキョウガクケンキュウカ ヒューマンコミュニティソウセイケンキュウセンターショウガイキョウセイシエンブモン

大学が地域や学校、行政、企業などと協働し、人間らしいコミュニティの創成を目指した実践的研究を行うことを目的としている組織

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません