「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

あの日からもずっと、福島・渡利で子育てしています

あの日からもずっと、福島・渡利で子育てしています

アノヒカラズット、フクシマ・ワタリデコソダテシテイマス

著 者
ISBN
978-4-7803-0630-9 C0037
判 型
A5判
ページ数
168頁
発行年月日
2013年06月 
価 格
定価(本体価格1,600円+税)
ジャンル

内容

東日本大震災と原発事故から3年め、ここ福島・渡利で、子どもたち、仲間たちに囲まれ、暮らしています。日々、悩み、迷いながら・・・
でも、子どもたちの笑顔と歓声に支えられています。安心して子どもを育てたいーそれが私たちの切なる願いです。渡利の子どもたちの今を見つめ、そして、これからを考え、さまざまに揺れる思いを伝えたいと思います。

目次

第1部
私たち家族のそれまでとそれから
第2部
渡利の子どもたちの今とこれから

著者プロフィール

佐藤 秀樹 サトウヒデキ

福島市渡利学童保育きりん教室指導員

読者の声

投稿者:男性 40〜49歳 会社員

評価: ☆☆☆ ☆☆
福島市の住民としてやっと『普通の本』『本当の渡利』と出会えました。不思議と肩の力を抜いて淡々と読むことができました。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

月刊・全労連[2013年12月号]に紹介

月刊・全労連[2013年12月号]に紹介

福祉のなかま[2013年10月号]に紹介

福祉のなかま[2013年10月号]に紹介

朝日新聞[2013年9月11日]福島版に紹介

朝日新聞[2013年9月11日]福島版に紹介

キリスト新聞[2013年7月20日]に紹介

キリスト新聞[2013年7月20日]に紹介

福島民放[2013年7月13日]に紹介

福島民放[2013年7月13日]に紹介

講演会&サイン会のお知らせ

終了しています