「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ホームページからのご注文の場合は送料無料でお届けします!

愛されなかった私たちが愛を知るまで

愛されなかった私たちが愛を知るまで

傷ついた子ども時代を乗り越え生きる若者たち

アイサレナカッタワタシタチガアイヲシルマデ

編著者
ISBN
978-4-7803-0660-6 C0036
判 型
A5変型判
ページ数
168頁
発行年月日
2013年11月 
価 格
定価(本体価格1,500円+税)
ジャンル

内容

子ども虐待、親の過干渉や過大な期待・・・親に傷つけられながらも、過去に立ち向かい必死に生きる子どもたちの言葉と姿を詩やエッセイとして届けます。

どんな逆境の中でも、生きたいと願う命あるものの生きる本能。できるならば今すぐにでも、この命を投げ捨てたい、放棄したいという衝動。その狭間で、子どもたちは必死に生きてきました。そして、今も生きています。

目次

第1章
僕にしか僕を守れない
第2章
愛を求めて
第3章
歩き出した私たち、それぞれの希望
あとがき
愛されたから育ってきた

読者の声

投稿者:68歳 女性 無職

評価: ☆☆☆
児童養護施設を退所したり、里親さんのところを終わった子どもたちは、親との生活が確保出来ているのだろうか…できない子どもたちはどうしているのだろうか…いつも疑問に思っていました。たった一人で仕事も住まいも確保しなければならない子どもは、つまずくことだってあるだろう…そういうときの行き場所は?…と。自立援助ホームがあるんですね。よかった。

「暗闇に星を探して」より

もしもいつか、お母さんに会えるなら、「なぜなんだ?」とそれだけは聞きたい
「なんで俺を置いて、突然いなくなったんだ?」と聞きたい
でも、それよりもなにより、お母さん生きてるのかな、と思う
星よ、答えを知っているか?
星よ、お母さんはどこかで、俺のことをちょっとでも思い出しているだろうか(20歳)

著者プロフィール

石川 結貴 イシカワユウキ

フリージャーナリスト

高橋 亜美 タカハシアミ

アフターケア相談所「ゆずりは」所長

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

女性のひろば
[2014年4月号]に紹介

毎日新聞
[2014年2月27日]に紹介