「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

アフガニスタン ぼくと山の学校

アフガニスタン ぼくと山の学校

アフガニスタンボクトヤマノガッコウ

著 者
ISBN
978-4-7803-0728-3 C0036
判 型
四六判
ページ数
196頁
発行年月日
2014年10月
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

国は、知っていた!
アフガニスタン山あいの小さな学校、小さな仲間たちとの13年にわたる交流。子どもの生活を追い、その笑顔と夢を伝えるフォト・ドキュメンタリー。

著者より

アフガニスタン北部の標高3000メートルに近い山あいの小さな学校で、ぼくは、子どもたちの笑顔に出会った。村の人たちが誇るその学校は、この国にはめずらしい男女共学、子どもたちは、水を汲み、羊を追い、家族を助けて働く。きびしい暮らしのなかで、子どもたちは将来の夢を語る。エンジニア、大臣、医者、学校の先生・・・「早く、おとなになりたい」長い戦争で傷ついたこの国の希望が、ここにあった。ひとりの人間をとおして戦争を伝えるーフォトジャーナリストとしての手法と生き方を確立したこの地で、ぼくは、子どもたちの夢の応援をしようと思った。

著者プロフィール

長倉 洋海 ナガクラヒロミ

1952年、北海道釧路市生まれ。通信社勤務を経て、1980年よりフリーの写真家となる。世界の紛争地を取材。第12回土門拳賞、産経児童出版文化賞、講談社出版文化賞などを受賞。

クレヨンハウス[クーヨン3月号]に紹介

山と渓谷[3月号]に紹介

北海道新聞[2014年11月12日]に紹介

毎日新聞[2014年10月7日]に紹介