「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

大阪の生活保護でいま、なにが起きているのか

大阪市の生活保護でいま、なにが起きているのか

情報公開と集団交渉で行政を変える!

オオサカシノセイカツホゴデイマ、ナニガオキテイルノカ

編著者
ISBN
978-4-7803-0737-5 C0036
判 型
A5判
ページ数
152頁
発行年月日
2014年11月 
価 格
定価(本体価格1,400円+税)
ジャンル

内容

相談ブースに監視カメラ!会ったこともない孫にまで扶養紹介!厚生労働省の指導に逆ギレ!ブラックな大阪市生活保護の実態とは?
2006年には北九州で、2012円には札幌で生活保護を受けられず餓死する事件が起こり、生活保護申請を窓口で追い払う行政のあり方に批判が集まりました。その後沈静化したかと思いきや、大阪では驚くような実態が!!
申請者の根負けをねらったような「指導書」、扶養者の事情を無視した「仕送りめやす表」、警察OBの配置で犯罪捜査化する訪問活動、みかねた厚生労働省からの指導には「現場をしらない」と逆切れ・・・。
今年行われた「生活保護行政問題全国調査」によって洗い出されたなまなましい実態と、行政のあり方を変える調査活動のノウハウを紹介した1冊。
これは行政権力によるパワハラだ

編集者のコメント

生活保護「改革」の牽引車大阪市独自の生活保護行政のひどさを暴露した本書ですが、これからこの方法が全国に普及するおそれがあります。国民の命の最後のとりでである生活保護制度を守るため、多くの方に読んでいただき、問題を共有できればと願っています。

読者の声

投稿者:男性 59歳 無職

評価: ☆☆☆
生活保護課の違法行為(詐欺、暴言、医師との共謀し虐待、詐取)に対して立ち向かう知識と裕樹を与えて下さったことに、深く感謝致しております。

著者プロフィール

大阪市生活保護行政問題全国調査団 オオサカシセイカツホゴギョウセイモンダイゼンコクチョウサダン

2006年には北九州の餓死事件で、2012年には札幌市の姉妹餓死事件で、各市の行政に調査活動をおこなっている。全国の弁護士、社会保障推進協議会、「生活と健康を守る会」など、さまざまな団体で構成された調査団。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません