「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします!

オリンピックが生み出す愛国心

オリンピックが生み出す愛国心

スポーツ・ナショナリズムへの視点

オリンピックガウミダスアイコクシン

編著者
ISBN
978-4-7803-0778-8 C0075
判 型
四六判
ページ数
272頁
発行年月日
2015年07月 
価 格
定価(本体価格2,000円+税)
ジャンル

内容

オリンピック、サッカーW杯などスポーツのグローバル化が生み出すナショナリズム。
そのとらえがたい実態を様々な角度から検証する。
排外的なナショナリズムが広がる昨今。スポーツから生まれた『ぷちナショナリズム』がネットを介して『がちナショナリズム』へと変化している。オリンピック創設時から国旗掲揚の廃止制度案、イギリスにみられる国家統合のためのエリートスポーツ政策、グローバル化する柔道から見える多文化主義、戦前のラジオ体操による国威高揚など、スポーツと愛国心の発生について、またナショナリズムがスポーツへ与える影響について、分析する。

目次

1
スポーツとナショナリズムの現状
2
スポーツからナショナリズムが生まれる時
3
ナショナリズムがスポーツにもたらすもの
4
スポーツはナショナリズムにどう向き合うのか

著者プロフィール

石坂 友司 イシザカユウジ

1976年、北海道生まれ。奈良女子大学研究院人文科学系准教授。専攻はスポーツ社会学、歴史社会学。

小澤 考人 オザワタカト

東海大学准教授。専攻は文化社会学・観光社会学。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません