「京都から知的発信」を創業の精神に、全国の良書を送り続けてきました。「元気印の出版社」と評価されています。


ご注文は送料無料でお届けします

生きてごらん、大丈夫

生きてごらん、大丈夫

子どもと本と、出会いをつむぐ

イキテゴラン、ダイジョウブ

著 者
ISBN
978-4-7803-0818-1 C0095
判 型
A5判
ページ数
200頁
発行年月日
2016年03月
価 格
定価(本体価格1,800円+税)
ジャンル

内容

子どもたちに物語の力を
ぼくはぼくでよかった、と詩を通して伝えてきたまど・みちおさん
戦後、もう一度「子どもをやり直す」と決め、数々の作品を生み出した古田足日さん
作品を通して生きる喜びを伝え続けてきた30人あまりの作家たちの言葉に加え、本を子どもたちに届ける活動やそれを担う人々の思いを紹介します。子どもと本と、人と地域を取材し続けてきた新聞記者の、子どもたちの心にふれる出会いから生まれた珠玉の言葉のつまった1册。
生きてみようー静かな勇気がわいてきます。
作家たちのおすすめの本ガイドも掲載

読者の声

投稿者:50歳 女性

評価: ☆☆☆
「生きてごらん、だいじょうぶ」。50才の今の私の心にすっとはいってきた言葉です。子育てのとき、子どもに一番伝えたかったことです。今から絵本の世界にどっぷりとつかって、私自身の根っこに栄養を与えたいです。

投稿者:50歳代 女性 詩人

評価: ☆☆☆☆☆
なんて温かい文章なのでしょう。それは、佐々波幸子さんのお人柄そのものではないでしょうか。物語の力、ことばの力、本の力、それらが、温かで誠実な文章で伝わってきます。ことに、まどみちおさんの章は圧巻です。 子どもの本を通して、子どももおとなも、生きる喜びを手渡されます。優しい気持ちになれる本です。

著者プロフィール

佐々波 幸子 サザナミユキコ

1967年生まれ。朝日新聞東京本社文化くらし報道部記者。現在、文化庁・文化行政担当。

ご感想をお聞かせ下さい

この書籍へのご感想をお待ちしております。
※お寄せいただいたご感想の著作権は小社へ帰属し、当ホームページや小社出版物に転載させていただく場合がございます。
※ご感想への返信はいたしておりません。ご了承下さい。ご質問・お問い合わせはこちらからお願いします
※ご記入いただいた個人情報は、返信・連絡などの目的以外に使用したり、本人の同意なしに個人が特定できる形で公表することはございません。

関連情報

現在はありません